ジャム工房 いつき」 が製造・販売するジャムのブランドとして “縁がわ”と名付けました。

洋式建築の普及により減少してしまった、古来より伝わる日本建築がもつ独特な空間。
“縁側”
屋内であり、屋外でもある。
我々日本人が、四季の移りかわりを、眼で、耳で、鼻で、肌で、舌?で感じ、
生活の一部として大切に育んできた、とてもあいまいな空間。
 
それが “縁側”。

そんな “縁側” がもつ、和風で素朴でいて落ち着いていてあたたかみのあるイメージでもって
ジャム工房 いつき」 のジャムを育んでいけることを願って
 “縁がわジャム” として世の中に送り出していきます。

また、字面から気づかれた方もいるのではないでしょうか?
“縁” が “輪”
人と人との縁が輪になるように・・・
果実を作る生産者さん〜それを集荷したり販売する流通業さん〜
加工してジャムにする当工房〜
そしてそのジャムを購入したり、食べたりするお客様と家族のみなさま〜
そんな人と人との縁が輪になるように、
ジャム工房 いつき」 の “縁がわジャム” がお役に立てることを願って。
四季折々の自然の恵みを、素朴かつ丁寧にジャムに仕立ててつつ、
小さな瓶に大きな願いを込めて皆様に届きますように。

どうぞ、 「ジャム工房 いつき」 の “縁がわジャム” をよろしくお願いします。

 
Top