まるごと日向夏マーマレード

日向夏は、1820年代に宮崎県宮崎市で発見された比較的歴史の古い柑橘です。来歴はわかっていませんが、ユズの血を引いていると考えられています。果皮は黄色くなめらかで、サイズは200〜250g程度。白いワタ(アルベド)が厚く、果肉はみずみずしくさわやかな香りと甘酸っぱさが楽しめます。白いワタは苦味がなくふわふわとしてほんのり甘みがあり、果肉と一緒に食べるのが一般的です。

そんな、白いワタの部分の特徴を最大限生かしてマーマレードに仕立てました。甘さはやや控えめで日向夏そのものの皮の甘味も感じられるほどで、酸味も爽やかで、なんとも定番から外せない存在ですね。甘さがしつこくなく爽やかな分、いろんな食べ方に応用がききそうですね。トースト、プレーンヨーグルトはもちろん、クラッカーに添えてもいいですし、製菓の材料としても、さらには手作りドレッシングの隠し味になんていうのもありですよ!

原材料   日向夏(愛知県豊川産)
      グラニュー糖
      ペクチン 
      クエン酸 


内容量   130g


甘さ   ★★★☆☆
酸っぱさ ★★★☆☆
果実感  ★★★☆☆


賞味期限  2019.11.25
販売価格 580円(内税)
在庫数 残り 5個です
購入数


Top